2020シーズン第2戦の疑義に対する検証結果

≪indiVGT SUPERGT 審議結果≫

【#92 予選Q2における進路妨害】

審議結果:警告 直ぐに譲っており、ペナルティを出すほど悪質には見えない(ポリゴン)

判断が難しいが、#92が当該周回に於いてアタックを諦めず走行していた場合はペナルティを出しにくい。 ただ、バックオフしていたとしたらもう少し後方確認ができていればよかった。 いずれにせよ残り時間も十分にあった状態なので警告が妥当。(にしけん)

審議の対象となった場面を確認したところ、#92は後方から来た#3に譲ろうとしてアウト側に移動したとも見れる。 露骨な進路妨害に該当するかと言われると疑問である。しかしながら後方確認が不十分だった点は否めず、ペナルティを出すほどではないが警告が妥当。(このは)

【#86 FL中の異常な接近】

審議結果:最終リザルトに対し10秒加算

競技規則ではFL中は1~1.5車身空けると明記しているが、リプレイ検証の結果明らかに規定よりも車間を詰めてスタートしているのが確認された。(ポリゴン/にしけん/このは)

【#41 FL中の異常な接近】

審議結果:最終リザルトに対し10秒加算 同上

【#395 ピットイン時のホワイトラインカット】

最終リザルトに対し13秒加算 13周目及び27周目に確認。13周目は一度ピットに入る動きをしてから白線から出ており後ろに車がいた場合は大変危険。 27周目に関しては無問題と判断 (ポリゴン/にしけん)

13周目に関してには同上。尚27周目に関してはあからさまに白線を跨いでしまっているものの、審議対象となったタイミングでのマシンコンディションも考慮し3秒追加が妥当。(当該周回は後続車がいなかったことも考慮しペナルティは軽減) (このは)

≪indiVGT GT Masters 審議結果≫

【#97 オープニングラップでのミサイル】

審議結果:最終リザルトに対して10秒加算

【#458 Lap17での1コーナーでの#34との接触】

審議結果:3ポジション降格 (15秒相当のトータルタイム加算ペナルティ)

#458は1コーナー並列での立ち上がりでアウト側にラインを残せていなかった。その為サラさんはスピンアウトを喫し、その周約15秒ほどロスをしている このことからトータルタイム15秒を加算 しかしながら鉄風さん以降はタイムアウトで1周前にチェッカーを受けてしまっていることから チェッカー前の22周目完了時点のでの位置関係で15秒加算した場合着順6位に降格が妥当と判断しました。 測定方法 鉄風さん22周目コントロールライン通過時のリプレイ左下の総時間が40分00秒丁度だった 15秒経過する間に2つ後ろのローゼスさん(6位)までがコントロールラインを通過した。 サラさんが7位だったので妥当な位置になるのではないかと思います。 (スピンがなかったとしてもタイヤライフ的にサラさんが鉄風さんより前でゴールするのは 難しかったと考えます) (にしけん)

Leave a Reply

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください